オンラインで始めるFX

円とドルの関係

円安・円高という言葉はニュースなどでよく聞きますが、FXを行うには『円高・円安』というものが最も重要であるといっても過言ではありません。

 

例を挙げて考えてみると、1ドル=115円だったのが、レートが変動して1ドル120円なったとします。

 

このとき、円の価値はどうなったでしょうか。

 

一見、115円から120円と高くなっているのをみると『円高になった』といってしまいそうですが、正解は『円安』です。

 

今まで1ドルを購入するのに115円で買えていたものが、変動によって120円支払わなければ1ドルを購入することができなくなったのです。

 

すなわち、円の価値が安くなったということ『円安』を表しています。

 

もう少し身近なものに例えてみると、ここに100ドルのブランドバックあるとします。

 

1ドル=100円の場合、100ドルのブランドバックは1万円で買えることになりますが、1ドル=70円になったときにいくらで買えるかを考えると…。

 

100ドルのブランドバックはなんと7000円で買えることになるのです。

 

バックの値段(価値)は変わっていないため、ドルで見てみれば全くの同じ金額なのですが、円が強くなった(円の価値が上がった)ことで日本円では少ない出費で買えました。

 

これこそがFXの基本となってきます。

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  •